結婚式お呼ばれドレス 通販

結婚式のお呼ばれドレス通販でおすすめなのは?人気サイトを紹介中

 

結婚式のお呼ばれドレスを通販で買おうと思っている方も多いと思いますが、どこの通販が良いのか探すのも面倒ですよね。

 

このサイトでは、結婚式のお呼ばれドレス通販サイトで人気のサイトを紹介していますので是非参考にしてみて下さい。

 

どのサイトも値段も手ごろでデザインもおしゃれなのでおすすめです。

 

結婚式お呼ばれドレス通販サイト一覧

 

結婚式のお呼ばれドレスが買える通販サイトを紹介中。

 

GIRL

 

girl

 

GIRLはドレス専門の通販サイトで20周年も運営されていてとても人気のサイトです。

 

5000円以上で送料無料、13時までの注文で当日発送してくれます。
小物はもちろん、キッズ用のドレスなどもあり幅広い品ぞろえです。

 

サイズもSから3Lまで用意されていてデザインも多くおススメです。

 

 

ドロップス

 

ドロップス

 

ドロップスはパーティー用のドレス専門サイトで、結婚式のお呼ばれ向けドレスや小物も扱っていてとても便利です。
サイズは5号から13号、Freeeサイズまで幅広く用意されています。

 

商品数も多いので自分の好みのドレスがじっくり探せますよ。

 

ドレスモード

 

dressmode

 

ドレスモードは30代からの大人な女性向けのドレス専門サイトです。
結婚式のお呼ばれのドレスや同窓会用などいろいろなタイプのドレスがあります。

 

サイズは7号から17号まで揃っています。
また、体型に合わせたドレスや着こなしについても解説されているのでとても参考になります。

 

8000円以上で送料無料になります。

 

 

結婚式お呼ばれ時のマナーについて知っておきましょう

 

結婚式にお呼ばれした時にはいくつか気をつけないといけないマナーがありますが、その中でも服装は人の第1印象を司るのでとても大切な要素になります。基本的に女性も結婚式にお呼ばれした時には男性と同じく礼服で出席するのがマナーです。しかし男性とは違って少し選択の幅が広いと言っても良いでしょう。

 

具体的には女性の正装はもし結婚式がお昼の場合にはアフタヌーンドレスで夕方以降であればイブニングドレスになります。また準礼装としてはセミアフタヌーンドレスやタウンフォーマルウェアとなります。尚最近では二次会の雰囲気を兼ね揃えたパーティー形式のスタイルもありますので、その場合にはインフォーマルウェアが一般的となります。またスカートが苦手だと言う場合には女性のフォーマルウェアにはパンツスタイルも含まれるので覚えておきましょう。そして和装も代表的な女性のフォーマルなスタイルの一つと言えます。特に未婚の女性でしたら振袖が正礼装となりますが、あくまでも結婚式のメインは新郎新婦になりますので柄や色については控える様にしましょう。

 

結婚式お呼ばれ時の服装のマナー

 

結婚式お呼ばれ時の服装に関しては最低限覚えておきましょう。

 

ドレスや服装のカラー

結婚式にお呼ばれする場合に一番メジャーな装いはワンピースになりますが、色合いはどうしたら良いかと言いますとブルー、ネイビーやピンク系の華やかで上品な色合いがお勧めです。気を付けないといけないのが自分も目立とうとしてしまうことです。そうすると周りとの調和が取れないために浮いてしまいますので、気持ちとしては会場にそっと花を添える気持ちで色味を考えると良いでしょう。

 

スカートの丈の長さ

結婚式に出席する時には人より目立とうとか、男性の目を引こうと思って極端に露出度が高いドレスだったりボディラインがくっきりと出る装いは新婦よりも目立ってしまいますので控える様に致しましょう。
ですのでスカートの丈は膝が隠れる程度がベストとなります。

 

ただいくら膝が隠れると言ってもタイトスカートはボディラインが目立つので着心地には少し余裕がある物を選ぶ様にしましょう。例えお店側から丈が短いドレスを勧められたとしても結婚式には色々な年代の方がいるので辞めておきましょう。また夜の時間帯に行われる披露宴ではイブニングドレスと呼ばれるノースリーブのドレスでも大丈夫です。逆にイブニングドレスは丈が床につく程度になりますので、露出度が低いのに相手と差をつけることができます。

 

結婚式お呼ばれ時のバック

結婚式の準備の時に案外時間がかかるのがバックの選択です。

 

周りはどの様なバックを持ってくるのか、バックもオシャレの一つと考えると無視はできません。本来ならドレスに合わせたオシャレ系にしたいと思う所ですが、バック選びにもマナーがありますのでしっかりと抑えておきましょう。先ずはNGとされるのは、式場にはパーディーバック以外の大きいバックを持ち込むのは常識外ですので、クロークに預ける様に致しましょう。

 

また紙製・ビニール製・キャラクターものの・ドクロマークが入っている物や大きくブランド名が入っているバックは披露宴会場の雰囲気にそぐわないので控えておきましょう。尚、ヒョウ柄やファーが付いている動物系の物は生物の殺生を連想させますので辞めておいた方が良いでしょう。そしてお勧めのバッグとしては、革製や布製の物や光沢がある物、また花柄やラメ、スパンコール入りの物は華やかで明るい印象を与えますので良いでしょう。色的にはピンクやパステルカラーの物がお勧めです。

 

ヒールの高さについて

オシャレは足元からと言いますが、まさに披露宴にお呼ばれした時にはメイクもドレスもバッチリ決めていくと思いますが、ヒールの高さはどの位の物がベストなのかと言いますと、推奨されているのが3cm以上で細ヒールが上品に見えます。またどうして3cm以上が良いのかと言うと、ヒールは3cm程度あった方がふくらはぎの位置がキュッと上がって足のラインが綺麗に見えるとされています。ですのでドレスアップした皆さまをより美しく見せるコツと言えるのです。

 

髪型について

人の第一印象は顔とされていますが、特に女性の場合には併せて髪型も重要視されます。せっかく結婚式にお呼ばれしたのですから服装や雰囲気に併せる髪型をして祝福の話相応しい綺麗で華やかなアレンジをしていきましょう。

 

結婚式の髪型には大きく分けてアップスタイル・ハーフアップスタイル・ダウンスタイルの3つがあります。そしてフォーマルな式であればアップスタイルをベースにアレンジすれば上品な印象を与えることができます。また少し砕けた式であればダウンスタイルでも良いですが、あまり砕け過ぎないように気を付けましょう。またカジュアルな式であればハーフアップスタイルをベースに編み込みを加えた可愛いアレンジも最近では流行っています。

 

結婚式にNGな服装

次に結婚式にNGは服装についてお話しをさせていただきます。まず色味についてですが、どうしても清楚と言うイメージで白を選んでしまいたくなりますが、白は基本的に花嫁衣装と被りますので原則として控えるようにしましょう。またどうしてもドレスが白系になってしまう場合には白が前面に出ないように青やピンク系の羽織物をする様にしましょう。

 

尚、先ほどバックの箇所でも記載をしましたが、ファーは素材によって動物の殺生を連想させて結婚式には似つかないので辞めておきましょう。後、日本における結婚式に相当する衣装は和装か洋装となっていますので、チャイナドレスやアオザイなどの民族衣装もNGとなっています。そしていくら洋装だとしても丈が短いスカートや肩出しファッションも控えておいた方が良いでしょう。

 

結婚式のお呼ばれ時の食事のマナーについて

結婚式における食事マナーも抑えておかなければ恥ずかしい思いをしてしまいます。基本マナーとしてはテーブルに並べてあるナイフやフォークは外側から使う様にします。またカップ以外のお皿は持ち上げないで食べる様にします。そして食事中に離席する場合にはナイフとフォークを八の字にしておく様にします。因みに間違えてどちらか片方に痩せると食事が終わったサインになりますので間違えない様に致しましょう。

 

また和食時のマナーとしては箸を使って食べるのは常識ですが、食べ物に箸を刺したり箸を使って食器を近くに痩せる『寄せ箸』また箸を揃えてスプーンの様に食べ物をすくい上げる『横箸』はマナーが悪いので控える様にしましょう。そしてよくありがちなのが、食事中にテーブルの下ナイフやフォークを落としてしまった場合ですが、決して自分で拾わないで式場のスタッフを呼んで対応してもらうのが常識となっています。尚、口元や手が食材によって汚れてしまった場合にはナプキンはこの様な場合のためにありますので、遠慮せずにナプキンを使う様に致しましょう。

 

ご祝儀の渡し方

ある意味式場マナーの一番最初のステップとなりますので皆さまの品格が見られますのでご祝儀の渡し方についてもしっかり覚えておきましょう。
披露宴会場にご祝儀を持っていく場合には多くの方が袱紗に包んで持っていきます。ですのでご祝儀をそのまま持っていくのは常識がないと思われてしまいますし、袋を傷ませてしまう原因にもなります。この様な事より大人のマナーとして必ず袱紗は用意しておく様に致しましょう。そして受付に着いたら袱紗からご祝儀袋を取り出して袱紗を畳みます。その後最終的に畳んだ袱紗の上にご祝儀を置いて受付の方に向かって渡します。

 

受付時の新郎新婦ご両親への挨拶について

式場に入った後、一番最初に親族の方にお祝いの言葉を述べる場所ですので、くれぐれも外してしまわない様にマナーを覚えておきましょう。

 

具体的は方法と致しましては受付時に自分の順番が来たら『本日はおめでとうございます』と伝え決して焦らず早口にならない口調で『本日はお招きいただいてありがとうございます』とお祝いの言葉を述べた後でバックから袱紗を出してご祝儀を渡す作業に移ります。またちょっとした空き時間に新郎新婦の親族の方に話しかけられた時にはまず自己紹介として自分の名前を伝えた後で新郎新婦との関係について説明します。

 

そして当人との思い出話しや良い部分を話して最後にもう一度お祝いの言葉を伝える様にしましょう。